ハイディ・がどこよりも安い マーコフ

結婚して1年。とても参考になりましたし、アメリカらしい表現で笑えます。私は、ゆっくりした時間が取れる時に2〜3ページづつ読み進めています。

いまオススメの商品!

2017年01月05日 ランキング上位商品↑

ハイディ・ マーコフすべてがわかる妊娠と出産の本 [ ハイディ・E.マーコフ ]

詳しくはこちら
 by 楽天市場

オススメです。今まで読んだ本にはなかった食生活や精神的な変化など!医者に聞くほどのことではなくても気になっていたことが詳しく解説されていて読むと安心します。私の妊娠ライフのバイブルでした。しっかりした情報がほしいので評判のよいこちらの本を購入させていただきました。月別の気になる症状は!たくさん載っているのでこれは妊娠によるものだと安心することができ!参考になりました。妊娠初期のバイク・自転車移動の可否を知りたかったのですがその情報は得られず;しかし非常に読み応えがあり!手元に置いて妊娠シュミレーションをするには最適の一冊だと思います。赤ちゃんが欲しいと思ったのですが!いざ考えだすと!知らないことが多すぎて!知らない間に!赤ちゃんによくないことをしていないかとか!たくさん心配事が出てきました。私は!出産のページは特に文章のみだと!イメージが沸きにくかったです。月齢毎に情報が詳しく載っていて!妊娠中様々な症状が出た私にとってはとても参考になる本でした。とても充実した内容です。活字中毒(活字量が多いと得した気分)!ネットより本で情報を集めたいプレママさんにおすすめいたします★妊娠中期に購入しました。竹内先生のメールマガジンが気に入っていたので実用書もこれに決めました。未妊ですが、購入しました。その他に!病気や食事!出産!産後のページもあります。文章主体の本です!はじめての妊娠・出産安心マタニティブックとセットで購入。初めての妊娠で不安なときにこの本の存在をしり、イラストもなんかいいなと思って購入。ブルーナさんの表紙が気になって手にしてみました。内容が濃く!買いたかったですが!臨月だったのでやめました。本当は全部読みたいのですが!とてもじゃなく全部読み切れなかったので次の妊娠の時は月齢毎にしっかり読んでいきたいです。妊娠してなくてもためになるので、子作り中の友達にプレゼントしました。私が妊娠した時に図書館で借りました。字ばかりですが!興味のあることですし!知っておきたいことばかりなので!苦なく読めます。ぶ厚いし重たい本なのに!文体は軽妙でついクスッと笑ってしまう感じで!不安な気分をほぐしてもらいました。妊娠〜出産後までカバーできる内容です。中身は非常に濃い内容で!読み応えがあります。夫の方が、私より熟読しているようです^^;分厚い本ですが、目次があってほしい情報にたどり着くのが早くてとてもよいと思います星5つなんかじゃ足りないです。レビューのいいこちらに決めました。出産まではもちろん、産後の症状についても詳しく載っていて、産後に、産後の不快な症状の説明を呼んで、少し心の支えになりました。知りたいことが事細かに書かれており!なんとなく読む分にも面白いです。何度も読み返したい本です。初めて妊娠した方にもわかりやすくためになる一冊です。子供産んでからも読みました(笑)今も大切にとってあります。出産の進み方が図などで載っていたらわかりやすいかなと思います。家庭の医学書などは読むと不安になることが多いのですが!表紙やイラスト!文章が柔らかいせいか!むしろ読んでいると不安よりも安心します。妊娠10ヶ月間の月別に起こりうるさまざまな事が載っていて参考になりました!妊娠中の食事、陣痛、分娩、産後、次の妊娠へ向けてまで、色々載っていました。何度も何度も読みました。筆者が日本の方ではないのですが!「日本の場合は」などの補足がしっかりとあるので!読んでいて特に情報が足りない・違うと感じたことはありません。もっと早く買えば良かったとも思いますが(四ヶ月で購入)!今からでも十分活用できそうです。本は5センチくらい厚みがあり!写真や絵は全然ないのでかなり読み応えがあります。多少!日本との違いを感じることもあるけれど!基本的には問題ありませんでした。陣痛~分娩のあたりなんか、頑張ろう!!と思えました。「この本1冊だけ」というのにはちょっとコムヅカシイ内容なので(内容がアメリカンな部分もあるし…)もう1冊、読みやすい初心者本を買って、あわせて読んでいます。この本が届いて、へぇ〜ほぉ〜と知らないことだらけで、買ってよかったです。初めての妊娠でわからないことだらけだったので!妊娠と出産を網羅している本を探していました。為になる、買ってよかった本でした。全てを読むのには時間がかかりそうです。月別に成長具合、症状が載っていて、気になる症状などが質問形式で載っています。おすすめです(^^)。これ1冊あれば大丈夫という程ではないですが、持っていて損はないかと思います。そのくらい大好きな本です。